\Googleアドセンス合格したい方へ/

『Fitbit』で睡眠の質を上げよう!

私生活の効率化
たなやん
たなやん

こんにちは、たなやんです!今日はいつもと記事のテイストを変えて、私が普段使っているデバイスの中でも「これはおススメできる!」と思っているスマートウォッチ「Fitbit」を紹介します!

デバイスさえ購入すればスマホと連携させて無料機能は使えるのですが、今回私が推したいのは睡眠の質を計測する「睡眠スコア」の機能です!

この機能を使う為には、月額650円かかってしまうのですが、払う価値ありの素晴らしい機能です!

月650円も払って自分の睡眠の質を測ろうと思えないのですが。。睡眠の質を測れると何か“いいこと”あるんですか?

たなやん
たなやん

まず前提として、その日のパフォーマンスは前日よく寝れたかで決まると言っていいほど睡眠は重要です。これは実感ありますよね?

確かに、よく寝れなかった次の日は、一日中頭がぼーっとして仕事に集中できないです。逆によく寝れてスッキリ起きれた日は仕事はかどった経験もあります。

では、「なぜよく寝れなかったか?」「なぜよく寝れたか?」考えたことはありますか?これが分かれば毎日良質な睡眠がとれると思いませんか?

それは考えたことないです。。でも、確かに毎日よく寝れる方法があれば知りたいです!

Fitbitを使えば自分の睡眠状態を細かく計測&分析、そして改善することで「睡眠の質」を向上させることができるんです!

少し前置きが長くなってしまいましたが、、今回の記事のまとめは以下の通りです。

■記事を読んでいただきたい方
・スマートウォッチ購入検討している方
・最近よく寝れない、朝起きれない方
・自分がよく寝れてるか気になる方

■記事概要
①Fitbitってどんなデバイス?
おススメポイントは3点
 1.リーズナブルな価格
 2.付け心地が良い
 3.バッテリ持ちが長い
 
②Fitbitで睡眠の質を計測
睡眠計測のポイントは3点
 1.睡眠時間
 2.深い睡眠とレム睡眠時間
 3.回復(心拍数)

③Fitbit Premium
睡眠の質を計測するためには
Fitbit Premiumに入会が必要
月額:650円
※3か月無料キャンペーン中!
スポンサーリンク

Fitbitってどんなデバイス?

Fitbitはスタイリッシュな「スマートウォッチ」です。

計測機能は以下のようなものがあります。

・歩数
・移動距離
・消費カロリー
・心拍数
・睡眠の質

FitbitはスマホとBluetooth通信で常時同期させることで、スマホの画面上でも各項目(歩数、心拍等)を確認することが可能です。

wj2enizi4jbc1r5pzsxe
出典:https://www.gizmodo.jp/2021/02/how-to-get-started-with-fitbit-premium.html

ここからは、私が考えるFitbitのおススメポイントを紹介します。

ポイント①:リーズナブルな価格

お財布携帯も使えるハイグレードモデルSense、Versa3は結構な値段ですが、

私が使っているInspire2、Luxeは結構買いやすい値段になっていますが、睡眠計測これらのモデルで十分です。

ちなみに上の画像は公式サイトの「定価」なので、実際ネットショップで買うとしたら定価の-5,000円くらいにはなります!

ポイント②:付け心地が良い

https://blog.fitbit.com/category/sleep/

Fitbitは日中の活動中も、夜寝てる時も常に着用することで、様々な活動データを取得できます

常時身に着けるからこそ大事なのが「付け心地」ですが、コンパクトで軽いため全然気になりません。

睡眠中に締め付けで「痛い」と感じたこともなく、全然問題ありません

また、デザインはシンプルなのでカジュアルな服装であれば、どんな服装でも違和感はありません。

ポイント③:バッテリ持ちが長い

出典:https://help.fitbit.com/articles/ja/Help_article/2004.htm

Fitbitシリーズ毎にバッテリの持ちは異なります。

私はFitbit Inspire2を使っていますが、なんと10日間も持ちます

使ってみても1週間に1回充電で十分です。充電時間も2~3時間程度でフル充電できます。

スポンサーリンク

Fitbitで睡眠の質を計測

Fitbitの機能の中でも私が特におススメしたいのが

「睡眠の質」を測る機能です。

「睡眠スコア」という数値で「睡眠の質」を計測してくれます。

たなやん
たなやん

下の画像は私の直近1週間の睡眠スコアです。私の場合は、結構スコア通りの実感がありびっくりしてます!

◎80点以上なら「よく寝れた」「寝起きすっきり」

△80点を下回ると「ちょっと寝不足」「寝起きが悪い」

睡眠スコアを構成するのは以下の3つの要素です。

①睡眠時間:眠りに入った時間と、目覚めた時間を自動計測
②深い睡眠とレム睡眠:レム・ノンレム睡眠時間を自動計測
③回復(心拍):睡眠中の心拍を自動計測

下の画像は私の今日の睡眠スコアです。

①~③それぞれの項目に点数がついてトータル100点満点で評価されます。今日はトータル「88点」いい感じ!

睡眠時間、レム・ノンレム時間、回復(心拍)のは点数だけではなく「実際のデータ」も確認することが可能です。

睡眠時間

赤いラインが「目覚めた状態」を示しますが、意識がある感覚はないため「眠りが浅い」タイミングが示されているようです。

ちなみに、「就寝」「起床」時間は自動で入力されるのですが、精度はかなり高くほとんどずれないです

レム・ノンレム時間

左は睡眠状態を「時間で表示」、右は睡眠状態の「基準と比較」しています。

また、画像上のグラフは睡眠時間帯ごとの睡眠状態を表しています。

レム睡眠とノンレム睡眠(深い睡眠)には医学的に下記の効果がありますので、バランスよくとることだ大事です。

ノンレム睡眠:記憶の定着
レム睡眠:疲労回復

睡眠のメカニズムについては、以下の記事が参考になると思いますので、読んでみてください!

回復(心拍)

左が「通常時」右は「飲み会後」の心拍を示しています。

私の場合、安静時の心拍は60以下なのですが、飲み会後の心拍を見てみると、80~90と起きてる時くらい心拍が高い状態です。

Fitbitには飲んできたことすぐばれてしまいます。。このようにFitbitを使えば、睡眠の記録をとれますし、「なぜ」よく眠れなかったのかも深掘りして考えることができます!

Fitbit Premium

Fitbit Premium 
サービス

睡眠の質を測る為には Fitbit Premium (月額650円)に入会する必要があるのですが、私が入った時期が良かったのか

1年間無料で Fitbit Premium を利用できています。

ちなみに、調べたら最近も90日間無料トライアルはやってるみたいです!
上のリンクから確認してください!

まとめ

内容いかがでしたでしょうか?

もし、「いいかも!」と思った方いればぜひ買って使ってみてください!

睡眠の質を上げて、休日も平日も最高のパフォーマンスを発揮してみませんか?

ではまた!

私生活の効率化
スポンサーリンク
この記事を書いた人
たなやん

入社7年目、平凡なサラリーマンが40代 FIRE(早期リタイア)目指す| 発信▶︎読書の学び(ビジネス、教養、FIRE、お金)|2021年挑戦▶︎会社人事評価でSランク、ブログ収益1万円、良き夫&パパになる|人生の目標 ▶︎ 毎朝ワクワクしながら朝目覚め、毎晩明日にウキウキしながら眠る!そのためにもFIRE目指す!

たなやんをフォローする
たなやんをフォローする
FIRE目指してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました