\Googleアドセンス合格したい方へ/

もはや誰でも持てる?お手軽なのにハイスぺ『ゴールドカード』ベスト3を紹介します

生活費の改善
たなやん
たなやん

ゴールドカードをまだお持ちでない方へ

ゴールドカード持っていない人に聞きたいですが、下記のようなマイナスイメージありませんか?

イメージ】
手数料が高いわりにサービスがしょぼい

こんな悪いイメージをお持ちの方へ今回の記事でお伝えしたいのは、ゴールドカードは悪いイメージとは真逆であるという事実です。

【事実】
手数料安いのにサービスも充実している

手数料が安く“お手軽”に誰でも持てるのに、高還元率であったり“ハイスぺ”なゴールドカードは事実存在します。

中でも特におススメしたいゴールドカードをベスト3という形で厳選して紹介します。

お手軽なのにハイスぺ『ゴールドカード』ベスト3

【第1位】:三井住友カードゴールドNL
★ゴールドカードが無料で持てる!
年会費:5,500円(※条件で永年無料)
還元率:0.5~5.0%
メリット:入会特典12,000円もらえる
デメリット:還元率がそこまで高くない

【第2位】:イオンゴールドカード
イオンユーザーの方へおススメ!
年会費:永年無料(※入会条件あり)
還元率:0.5~1.0%
メリット:イオンラウンジが使える
デメリット:即時発行はできない

【第3位】:楽天ゴールドカード
楽天経済圏の方へおススメ!
年会費:2,200円
還元率:1.0%
メリット:楽天市場でポイント+1倍
デメリット:年会費がかかる

 

ゴールドカード比較表

ゴールドカードの有名どころと比較すると、青枠ベスト3のカードは年会費が安いことが明らかです。

また、青枠ベスト3のゴールドカードは年会費が安いのに還元率は高水準であることも分かります。

たなやん
たなやん

本文ではベスト3カードの「メリット」「デメリット」を紹介するので、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

誰でも手軽にゴールドカードを持てるメリット3選(高還元率以外の)

ステータスになる

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000005088.html

全国の20歳以上の男女1921人にアンケートを取った結果、ゴールドカード以上(ブラック、プラチナ含む)のカードを持っている人は

4人に1人(25%)しかいませんでした。

4人に3人(75%)の過半数の普通の人はゴールドカードは持っていないとも言えます。

ゴールドカードは持っているだけでも「ちょっぴり優越感」を味わえる素敵なクレジットカードです。

たなやん
たなやん

私の財布にも入っていますが、ちょっと特別感はあります。

 

空港ラウンジが無料で使える

羽田空港のカードラウンジに何軒行けるか挑戦してみた(POWER LOUNGE)

空港ラウンジとはフライトの合間に乗客が快適に過ごすためのサービスを提供する、空港に設定された待合室です。

ゴールドカードを持っていれば利用料金(1000円前後)が無料となり、各種サービスを受けることができます。

【サービス例】
・本や雑誌
・軽食
・ソフトドリンク
・アルコール
・PC利用(Wifi環境)
・リクライニングシート
・マッサージチェア
 ※一部有料サービス含まれます
たなやん
たなやん

旅行の時に利用したいです。

 

旅行保険が手厚い

旅行保険は国内外で旅行時に以下のようなトラブルが発生してしまった場合に一定の金額が補償されるサービスです。

【補償内容】
・自分がケガをした場合
・他人にケガさせたり、他人の物を壊したりした場合
・物を盗まれた場合
・航空機の欠航、変更が発生した場合

飛行機予約する時に欠航発生時のキャッシュバックのために、予約時に多めの金額払った経験ありませんか?

旅行保険に入っていればその辺補償されるので、うまく活用すればちょっとお得に旅行に行けます。

たなやん
たなやん

医療、自動車、火災など他の保険との重複は確認するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

誰でも持てるお手軽ハイスぺ ゴールドカード【第1位】三井住友カードゴールドNL

出典:三井住友カード公式HP

 

メリット:誰でも永年無料で持てる

三井住友カードゴールドNLは通常年会費5,500円ですが「年間100万円利用」という条件クリアすれば永年無料で持てます。

初年度に100万円が達成できれば、次年度からは100万円達成できなくてもずっと無料になるということです。

年会費5,500円もかかるハイスぺなゴールドカードを永年無料で持てるってすごくないですか?

「でも年間100万円も使い切れないよ!」と思った方へ、誰でも簡単に達成できる根拠を以下の記事で紹介しています。

たなやん
たなやん

100万円は“ちょっとした工夫”で十分達成可能です。

 

メリット:入会するだけで12,000円相当もらえる

新規で入会された方を対象に10,000円分のVポイントがプレゼントとして還元されます!期限:6月30日まで

入会月+2か月後末までを対象期間として、10,000ptを上限としてカード利用金額の15%をVポイントで還元されます。

さらに「ご紹介特典」として以下のリンクから申し込んでもらえれば、12,000円分のVポイントがプレゼントされます。

「新規入会特典」+「ご紹介特典」=12,000円分のVポイントがもらえてしまうという超お得キャンペーンぜひご利用ください。

たなやん
たなやん

私も最近申し込みました。

 

デメリット:ポイント還元率がそこまで高くない

三井住友カードゴールドNLのデメリット

基本ポイント還元率が0.5%とそこまで高くない

唯一のデメリットは還元率が0.5%とそこまで高くないことです。

コンビニ、マクドナルドで利用する場合はMAX5%まで還元率は上がりますが、それ以外は基本0.5%の還元率です。

ですが、上記キャンペーンなどのキャッシュバックを考慮すると、還元率は1%以上と他社より高くなりますのでおススメです。

たなやん
たなやん

デメリット踏まえても一押しのカードです。

 

誰でも持てるお手軽ハイスぺ ゴールドカード【第2位】イオンゴールドカード

出典:イオン公式HP

 

メリット:イオンラウンジ利用可能

イオンラウンジとは、イオンモールなどの大型店舗に設置された会員専用のラウンジです。

まずイオンにラウンジが存在することを知っていましたか?ちなみに私は今回調べるまで全然知らなかったです。

ラウンジ内では下記のようなサービスを無料で受けることができます。まるで空港ラウンジみたいですね。

【サービス例】
・ドリンクサービス
・トップバリュのお菓子提供
・新聞、雑誌
・携帯電話の充電

イオンラウンジが設置されている店舗一覧はこちらのページで見れますので、お近くにあるか確認してみてください。

たなやん
たなやん

日常的に”ちょっと贅沢な気分”が味わえますね。

 

メリット:イオン利用ポイント2倍

https://www.aeon.co.jp/information/2016/0527/

ポイント還元率は基本的に0.5%ですが、イオン系列店で利用すれば1%と還元率が2倍になります。

上記の対象店舗を普段使いしている方であれば、いつでも還元率1%のポイントバックを受けることができるのでおススメです。

 

デメリット:即時発行できない

イオンゴールドカードのデメリット

いきなりは発行できない

イオンカードゴールドは三井住友カードゴールドNLのように、いきなり申し込んで即時発行することはできません。

まずは通常カードを使って年間100万円利用を達成し、イオンゴールドカードへの招待を受け取る必要があります。

たなやん
たなやん

すぐほしい方にはあまりおススメできません。

 

誰でも持てるお手軽ハイスぺ ゴールドカード【第3位】楽天ゴールドカード

出典:楽天カード公式HP

 

楽天ゴールドカードのメリット

メリット:楽天市場ポイント+1倍

出典:楽天市場

楽天カードはポイント還元率は常時1%と、他のカードに比べて還元率のベースがまず高いというメリットがあります。

さらに、楽天市場で買い物する場合は+1倍(+1%)となり、ポイント稼ぎを重視したい人におススメのカードです。

ですが楽天のサービスは最近改悪続きで、今後ゴールドカードの還元率が下がる可能性もあるのでその点は注意です。

たなやん
たなやん

楽天カードは安定ですね。

 

デメリット:年会費2,200円かかる

楽天ゴールドカードのデメリット

年会費が2,200円かかる

三井住友カードゴールドNL、イオンゴールドカードは条件達成により年会費無料になりますが、楽天ゴールドカードは毎年2,200円の年会費がかかってきます。

その分ポイント還元率が高いので、楽天市場含め楽天のサービスをよく利用する人は2,200円くらい簡単に元とれると思いますのでおススメです。

たなやん
たなやん

楽天経済圏にお住まいの方はぜひ検討ください。

 

まとめ:ゴールドカードは庶民の強い味方です

お手軽なのにハイスぺ『ゴールドカード』ベスト3

【第1位】:三井住友カードゴールドNL
★ゴールドカードが無料で持てる!
年会費:5,500円(※条件で永年無料)
還元率:0.5~5.0%
メリット:入会特典12,000円もらえる
デメリット:還元率がそこまで高くない

【第2位】:イオンゴールドカード
イオンユーザーの方へおススメ!
年会費:永年無料(※入会条件あり)
還元率:0.5~1.0%
メリット:イオンラウンジが使える
デメリット:即時発行はできない

【第3位】:楽天ゴールドカード
楽天経済圏の方へおススメ!
年会費:2,200円
還元率:1.0%
メリット:楽天市場でポイント+1倍
デメリット:年会費がかかる

今回はお手軽なのにハイスぺなゴールドカードを厳選して紹介しましたが、ゴールドカードは今や一般庶民の強い味方です。

私の一押しは「三井住友カードゴールドNL」で、理由はキャンペーンを考慮すると最もお得な還元率となるためです。

4月に申し込み現在100万円目指して活用しているところですが、今後上記協を記事で報告しますのでお楽しみに。

ゴールドカード活用してFIREに向けて蓄財加速させていきます!

ではまた!

生活費の改善
スポンサーリンク
この記事を書いた人
たなやん

入社7年目、平凡なサラリーマンが40代 FIRE(早期リタイア)目指す| 発信▶︎読書の学び(ビジネス、教養、FIRE、お金)|2021年挑戦▶︎会社人事評価でSランク、ブログ収益1万円、良き夫&パパになる|人生の目標 ▶︎ 毎朝ワクワクしながら朝目覚め、毎晩明日にウキウキしながら眠る!そのためにもFIRE目指す!

たなやんをフォローする
たなやんをフォローする
FIRE目指してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました