\新NISAに向けて準備したいあなたへ/

【新NISA】積立投資におすすめ:VTI(全米株式・インデックスファンド)の特徴「3選」

収入UP, 投資

※当サイトの記事は、広告・PRを含みます

2024年から新NISAで投資始めようと思ってるけど、銘柄どれにしようか迷う…

たなやん
たなやん

今回は私も投資しているおススメ指数 「VTI」の特徴をまとめます!

VTIは約4,000社のアメリカの大中小企業で構成されており「これ一本でアメリカに広く分散投資できる」超人気の商品です。

新NISA積立投資におすすめ:VTI(全米株式・インデックスファンド)の特徴「3選」

 

たなやん
たなやん

何から準備したらいいのか分からない、初心者の皆さんにもおすすめです!

 

たなやん
たなやん

証券口座”まだ”の皆さん、チャンスですよ!

 

たなやん
たなやん

👆私も「楽天VTI」に投資しており、2023年8月現在は絶好調です!

 

スポンサーリンク

【新NISA】積立投資におすすめ:VTI(全米株式・インデックスファンド)の特徴「3選」

新NISA積立投資におすすめ:VTI(全米株式・インデックスファンド)の特徴「3選」

 

アメリカの大中小企業に「広くに分散投資」できる

引用:楽天VTI月次レポート(2023/6/30版)

VTIはアメリカに広く分散投資できます。

VTIの特徴はまずアメリカ企業に広く分散投資できることです。S&P500の500社と比較しても投資対象が多いことが分かります。

上の画像は最新の月次レポートですが、アメリカの3,847社に対して分散投資できます。

組み入れ上位の銘柄はGAFAMのような大企業で構成されていますが、3,847社の中にはいわゆる中・小型株も含まれています

つまり、VTIに投資すればアメリカの株式市場全体に投資できるということです。

たなやん
たなやん

今後も経済成長が期待できるアメリカに投資してみませんか?

 

投資信託への積立投資で「低コスト運用」ができる

引用:楽天VTI交付運用報告書(2022/7/15版)

VTIは超低コストで運用できます。

上の画像は楽天VTIの最新の運用コストを示してますが、0.157%です。

ピンと来ないかもしれないので具体例を以下に示しますが、年間1,570円(月額131円)ぽっちの手数料で運用できます!

■楽天VTIを100万円分を1年間運用するのにかかる手数料
100万円×0.00157=1,570円/年
 ⇒131円/月

ちなみに、他の有名どころの投資信託と比較しても楽天VTIは手数料安いことが分かります。

投資信託実質コスト
国内eMAXIS Slim TOPIX0.159%
ニッセイTOPIX0.162%
たわら日経2550.191%
海外eMAXIS Slim全世界(オルカン)0.166%
eMAXIS Slim米国株S&P5000.108%
eMAXIS Slim先進国株式0.179%
eMAXIS Slimバランス8資産均等0.219%
楽天VTI(全米株式)0.157%
楽天全世界株式0.228%
たなやん
たなやん

長期投資するなら手数料の安さには拘っていきましょう!(ちり積もなので)

 

過去から継続して値上がりしており「高パフォーマンス」が期待できる

引用:楽天証券

VTIは今後も値上がりが期待できます。

上のチャートは楽天VTIの2019年~2023年までの基準価額を示すグラフですが、約5年間で109%も値上がりしています。

例えば2019年時点で100万円投資できていたとすると、2023年現在は109万円の利益が出ている計算です。

過去のパフォーマンスがいいから、今後も必ず伸びるとは言えませんが、伸びる(値上がりする)可能性は高いです!

たなやん
たなやん

私も2020年から楽天VTIに積立投資してるので、かなりこの恩恵をうけてます。

 

スポンサーリンク

【新NISA】VTI(全米株式・インデックスファンド)を運用できる投資信託の手数料を比較

投資信託信託報酬
[%]
実質コスト
[%]
純資産総額
[億円]
楽天VTI0.1320.1576,040
SBI
・V・全米株式
0.0660.083876

VTIに投資できるファンドの比較表を作りました。

手数料的には楽天VTIよりSBI・V・全米株式の方が安いです。

投資信託を選ぶポイントは2つ。

  • 実質コスト:できるだけ安いものを選ぶことで、低コストで運用できる。
    実質コスト=信託報酬+隠れコスト
  • 純資産総額:できるだけ高いファンドを選ぶことで、安定的な運用を見込める。安すぎるとファンド自体が破綻してしまうリスクあるため
たなやん
たなやん

今から始めるなら手数料の安い、SBI・全米株式をおすすめします。

 

新NISA積立投資におすすめ:VTI(全米株式・インデックスファンド)に関する「よくある質問」

【新NISA】積立投資におすすめ:全米株式S&P500に関する「よくある質問」

・楽天VTIとS&P500は同じ米国株式だけどなにが違うの?
 ⇒投資銘柄数が違い、楽天VTIの方がより多くの銘柄に分散投資できる。

・楽天VTIって配当金もらえる?
 ⇒配当金は再投資されるのでもらえない。

・実際とのところ、楽天VTIに積立投資してどれくらい利益でるの?
 月3万円、3年間(2020~2023年)積立投資して40万円の利益。

 

楽天VTIとS&P500は同じ米国株式だけどなにが違うの?

A:投資銘柄数が違い、楽天VTIの方がより多くの銘柄に分散投資できる。

S&P500がアメリカ企業約500社に対して、楽天VTIは約4,000社に対して分散投資できます。

楽天VTIの方が分散が効いてる分損するリスクは低いですが、大きく値上がりする可能性も低いです(S&P500に比べ)

たなやん
たなやん

アメリカに集中投資したいけど、ある程度リスクは減らしたい方にVTIはおすすめです。

 

楽天VTIって配当金もらえる?

A:配当金は再投資されるのでもらえない。

楽天VTIの場合は配当金は自動的に再投資されるので配当金は出ません。

個人的には配当金は再投資して、効率よく雪だるま式に利益を出していくのがおススメ。

ですが、VTIに投資して定期的に配当金を受け取りたい方には「ETF」での運用を検討してみましょう。

たなやん
たなやん

投資信託にするか・ETFにするかは自分の好みで選びましょう!

 

実際とのところ、楽天VTIに積立投資してどれくらい利益でるの?

A:月3万円、3年間(2020~2023年)積立投資して40万円の利益。

上のグラフは私の直近25ヶ月分の、楽天VTIの損益額の推移を示しています。(2021年4月~2023年7月)

増減はありますが基本的にきれいな右肩上がりで、順調に利益を伸ばせています。

たなやん
たなやん

今後も楽天VTIはコツコツ積立投資を継続します。

 

【投資初心者必見】新NISA移行前にやるべき準備「5選」

たなやん
たなやん

新NISAを最大限有効に活用するためにも「事前準備」をしっかりやっときましょう!

たなやん
たなやん

証券口座開設が”まだ”の方はチャンスです!

 

まとめ:新NISAは「VTI」に積立投資で資産形成を加速させよう!

VTIは新NISAで投資デビューを考えてる初心者のあなたにもおススメです!

アメリカ株式市場に分散投資して、低リスク&低コスト運用で利益を狙ってみませんか?

新NISA積立投資におすすめ:VTI(全米株式・インデックスファンド)の特徴「3選」

 

投資含め今後の資産形成の相談はこちら↓↓↓

ではまた!

収入UP, 投資
スポンサーリンク
この記事を書いた人
たなやん

【経歴】中高時代はテニス部▶︎大学時代は小型人工衛星を開発▶︎2015年日系大手化学メーカーに就職▶︎2019年結婚する▶︎2020年ブログ、Twitter開始▶︎2021年娘誕生▶︎2022年NASDAQ100企業に転職▶人生の目標:毎朝ワクワクしながら朝目覚め、毎晩明日にウキウキしながら眠る!そのためにもFIRE目指す!

たなやんをフォローする
たなやんをフォローする
FIRE目指してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました