\Googleアドセンス合格したい方へ/

FIRE達成(早期リタイア)で『失うもの』

FIREまでの計画
たなやん
たなやん

FIRE達成すれば『莫大な時間』が手に入るわけですが、

たなやん
たなやん

今回はFIRE達成により『失うもの』について考えてみます

まず結論ですが、FIRE達成により『失うもの』は

もらえるはずだった「お金」です

もう少し詳細をしたの記事概要に整理します。

FIRE達成後は「会社は辞める前提」の内容となってます

■記事を読んでほしい方
・FIRE目指して資産形成・副業に取り組んでいる方
・FIRE達成後にやりたいことがイメージできてない方

■記事概要
①FIRE達成で失う「お金」
 ・給与:もらえなくなる
 ・退職金:減額される
 ・年金:減額される

②失う「お金」シミュレーション
【前提】60歳退職の場合と比較
 ・32歳でFIRE:1億8,000万円
 ・42歳でFIRE:1億2,000万円
 ・52歳でFIRE:5,300万円

③まとめ(FIRE達成後は何する?)
 失うお金と引き換えに得られる
 莫大な時間を使って何しますか?
スポンサーリンク

FIRE達成で失う「お金」

まず、FIRE達成で失うお金3種類(給与&補助、退職金、年金)の仕組みを理解して、いくら失うかを考えていきましょう!

給与:もらえなくなる

会社から支給される給与の構成はざっくり以下のとおりです。

給与= 基本給 + 残業代 + 補助 - 税金

税金はたくさん引かれてるし、基本給もそんなに多くないし、補助も少なく、不満が多いかもしれないですが

「毎月の支給が保証されている」って実はすごいことですよね!

もらえなくなる給与は以下の計算式で簡単に算出できます。

もらえなくなる給与 = 500 × (60 - FIRE達成年齢)
 ※60:退職の年齢
 ※500:給与手取りの想定
たなやん
たなやん

FIRE達成の年齢が若いほど、もらえなくなる給与は多くなります

退職金:減額される

https://hoken-all.co.jp/hoken/taishokukin-souba/

満額退職金の相場は上の図のとおりです。大卒・高卒関わらず1,000万円以上と金額すごく大きいですよね

上記の金額は定年退職で満額もらえるケースです。

早期退職した場合、退職金はどれくらい「減額されるか」調べたことありますか?

上の図は各年齢で会社を辞めた時に「退職金いくらもらえるか」をまとめた表です。

まず、大企業と中小企業で金額差がすごく大きいことに気づくと思いますが、

早期退職を考える上で知っとくべき「退職金の特徴」は下とおり

高齢ほどもらえる金額が急上昇する  
 ⇒グラフ青塗部分(40代)の最も伸びが大きい期間に働くため

若いほどもらえる金額は非常に少ない  
 ⇒グラフ赤塗部分(20,30代)の伸びが小さい期間しか働かないため

たなやん
たなやん

ちなみに、私30歳(勤続年数:6年)現在の退職金の金額は300万円ですので、上のデータは信頼してよさそうです

減額される退職金は、以下で計算できます。

減額される退職金= 満額 ー 退職時点の金額
 ※退職時点の金額は若いほど少ない
 ※満額は会社毎に違うので、より正確に
  計算したい方は会社規則を調べよう

年金:減額される

まず、日本の年金制度についてですが上の図のように「3階建て」となっており、

私たちサラリーマンが加入しているのは2階部分の「厚生年金」です。

FIRE達成後は1階部分の「国民年金」に加入する前提で勤続年数ごとのもらえる年金額を表に整理しました。

https://gentosha-go.com/articles/-/32810?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=partnerLink

以上から、減額される年金は以下の計算式で算出できます

減額される年金 = 25 × (166- 退職時点の年額年金)
 ※166:厚生年金満額
 ※25:85歳で寿命で60~85歳
  の25年間年金受給すると想定

厚生年金についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事読んでみてください!

スポンサーリンク

失う「お金」シミュレーション

前提条件をまとめますと、下のとおりです。

【シミュレーション前提】
✅もらえなくなる給与 = 500 × (60 - FIRE達成年齢)
 ※60:退職の年齢
 ※500:給与手取りの想定

✅減額される退職金= 満額 ー 退職時点の金額
 ※退職時点の金額は若いほど少ない

✅減額される年金 = 25 × (166- 退職時点の年額年金)
 ※166:厚生年金満額
 ※25:85歳で寿命で60~85歳
  の25年間年金受給すると想定

以上の前提条件で考えると、各年齢で「もらえるお金」は以下のように整理できます。

上のもらえる金額から、退社年齢ごとの「失うお金」をシミュレーションした結果が下の表です。

たなやん
たなやん

当たり前かもしれないですが、やはり「給与」が出なくなるのはかなり大きいですね。

たなやん
たなやん

皆さんは何歳でFIRE達成を目指していますか?失う金額を見てどう感じましたか?

まとめ(FIRE達成後は何する?)

■失う「お金」シミュレーション結果
【前提】60歳退職の場合と比較
 ・32歳でFIRE:1億8,000万円
 ・42歳でFIRE:1億2,000万円
 ・52歳でFIRE:5,300万円

今回はFIRE達成により失う金額をシミュレーションしました。

結果は上記の通り、かなり大きな金額を失うことになります。

ですが、FIRE達成すればこれと引き換えに莫大な時間が手に入ります。

■FIRE達成後に手に入る時間
【前提】60歳定年退職と比較
 ・32歳でFIRE:28年間(24.5万時間)
 ・42歳でFIRE:18年間(15.7万時間)
 ・52歳でFIRE:8年間(7万時間)

FIRE計画する際はまず最初に

FIRE達成後に「何をしたいか」「どう暮らしたいか」

明確にすることが大事なのかもしれませんね!

FIRE達成後の生活イメージしてみませんか?

ではまた!

FIREまでの計画
スポンサーリンク
この記事を書いた人
たなやん

入社7年目、平凡なサラリーマンが40代 FIRE(早期リタイア)目指す| 発信▶︎読書の学び(ビジネス、教養、FIRE、お金)|2021年挑戦▶︎会社人事評価でSランク、ブログ収益1万円、良き夫&パパになる|人生の目標 ▶︎ 毎朝ワクワクしながら朝目覚め、毎晩明日にウキウキしながら眠る!そのためにもFIRE目指す!

たなやんをフォローする
たなやんをフォローする
FIRE目指してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました