\Googleアドセンス合格したい方へ/

『4%ルール』使用上の注意【インフレ率、為替変動を考慮】

FIREまでの計画

先日の投稿でFIRE達成の為に必要な「4%ルール」という考え方を紹介しましたが、内容理解できましたか?詳細は上のリンク参照してください!

「自分が持っている資産(主に株式)の4%を取り崩して1年間生活できれば、資産は一生尽きない」ということは理解できました!

ただ、この4%ルールってアメリカで作られて、主にアメリカでFIRE目指す人が使っているんですよね?日本でもちゃんと使えるんですかね?

いい質問ですね!国が違えばいろんなことが違ってきます。日本で4%ルールを適用するポイントは『インフレ率、為替変動、運用コスト、税金』の4点です。今回はインフレ率、為替変動について考えてみましょう!

今回の記事の概要を以下にまとめます。

■記事を読んでほしい方
・4%ルールを使って目標資産額を検討している方
・本当に4%で考えて大丈夫か、不安を感じてる方

■記事概要結論:日本でも4%のまま適用できる】
①4%ルールとは?
「4%」「7%」「4%」
アメリカ株式市場の成長率「7%」から
アメリカインフレ率「4%」を引いた
★4%で生活できれば、資産は尽きない

②日本の"インフレ率"を考慮する
「7%」「1%」「6%」
日本のインフレ率は「1%」
★6%で生活できれば、資産は尽きない
 ⇒アメリカより有利

③"為替変動"リスクを考慮する
★インフレ率と為替は「相反関係」
にあります
 ⇒インフレ率の変化は為替変動で
 相殺されるため、4%のまま適用
スポンサーリンク

4%ルールとは

4%ルールの基本的な考え方は下記のとおりです。

アメリカ株式市場の成長率が「7%」で、アメリカのインフレ率(物価上昇率)が「3%」なので、差し引き「4%」の資産運用で得られる利益だけで生活できればFIRE可能 

4%ルールはアメリカで生まれた考え方なので当然ですが、アメリカ基準で検討されています。

我々日本人もアメリカ株式市場に投資をしているわけなので、アメリカ株式市場の成長率「7%」は同じですが

「インフレ率」はどうでしょうか?

以下のグラフはアメリカと日本のインフレ率を比較したものです。

出典:https://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=PCPIPCH&c1=US&c2=JP

明らかにアメリカの方が日本よりインフレ率は高いです。1980年からの期間平均値は下のとおりです。

アメリカインフレ率:3.15%
日本インフレ率:0.94%

アメリカは順調に経済成長して物価が上昇しているいる一方で、日本は1980年から全然物価が上昇していません。

日本の経済成長は1980年代だからほぼ止まっているということですね。なんだか切ないですね。。

スポンサーリンク

日本の”インフレ率”を考慮する

「日本の経済成長止まっていることは」悲しい事実ではありますが、FIREを目指すうえではプラスに働きます。

「4%」「7%」「4%」
アメリカ株式市場の成長率「7%」から 
アメリカインフレ率「4%」を引いた 

日本のインフレ率「1%」で考えると以下のようになります。

「7%」「1%」「6%」
アメリカ株式市場の成長率「7%」から
日本のインフレ率「1%」を引いた

インフレ率だけを考慮すると、

日本では「6%」を使っても、資産は尽きないため、
「6%」ルールーが適用可能?

こんなことが言えてしまうんですね。

やった!日本はアメリカよりもFIRE達成しやすい環境というわけですね!そしてら、FIREに必要な資産額も減るし、なんだかやる気が出てきました!

ちょっと待ってください!“単純に”インフレ率だけを考えるとそうなんですが、これだけの情報で突っ走るのは危険です!

なんだかそんな気はしてたのですが、、つい嬉しくなってしまって。。他にどんなことを考える必要あるのでしょうか?

ズバリ『為替変動リスク』です

米国株投資には為替変動リスクがつきものです。インフレ(物価の変動)と為替変動の間にどんな関係があるのか、次の章で説明します!

“為替変動リスク”を考慮する

上のグラフでは過去の「インフレ率」と「為替変動」の並べていますが、特徴として見えてきたのが

インフレ率と為替の動きは「相反する」ということ

・インフレ率が上がると、為替が下がる
・インフレ率が下がると、為替は上がる

なぜ、インフレ率と為替の動きは「相反する」のでしょうか?

インフレ率と為替の動きが「相反する理由」は、インフレのメカニズムを考えてみると理解しやすいです!

インフレとは「物価」が上昇することです。

物価が上昇すると「お金の価値」が相対的に下がります。

アメリカのお金「米ドル」の価値が下がると、「日本円」の価値が相対的に上がります。(これがいわゆる円高です。)

日本円の価値が上がると、1ドルあたりの価格である「為替」は下がります。

つまり、インフレ率が上がると為替は下がります。
(インフレ率と為替は相反関係にあ
ります

「為替が○○円⇒○○円に上昇した時にインフレ率は〇%下降する」といった明確な指標はなさそうですが、

ここは”シンプル”にインフレ率の変化は為替変動で相殺されると考えましょう!

結論:4%ルールをそのまま適用しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?最終的には「4%ルールをそのまま適用する」結論ですが

今回の検討で、「インフレ・為替変動のメカニズム」を勉強することができたので良かったです

また、冒頭でも説明しましたが、「税金、運用コスト」も考える必要ありますので、別の記事で紹介します!

ではまた!

FIREまでの計画 収入UP, 投資
スポンサーリンク
この記事を書いた人
たなやん

入社7年目、平凡なサラリーマンが40代 FIRE(早期リタイア)目指す| 発信▶︎読書の学び(ビジネス、教養、FIRE、お金)|2021年挑戦▶︎会社人事評価でSランク、ブログ収益1万円、良き夫&パパになる|人生の目標 ▶︎ 毎朝ワクワクしながら朝目覚め、毎晩明日にウキウキしながら眠る!そのためにもFIRE目指す!

たなやんをフォローする
たなやんをフォローする
FIRE目指してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました